言いようがないですね。
その前に、この展開にたどり着く過程に、先発東浜は本調子でない苦しい投球でした。
初回に連続2ベースで1失点した後も、3回もヒット2本と四球で2アウト満塁のピンチを招きました。
しかし、伏見を初球をショートゴロホースアウトでピンチを脱します。

その後も球数を要し、5回を終えた地点で102球。何とか投げ切り、後続にマウンドを託しました。
6回は津森→川原へのリレーでしたが、相手の代打の場面で2アウト1・3塁からのディレードスチールでの拙攻に助けられた感もありました。

7回は高橋礼が中1日で登板し、9球で三者凡退。
8回はモイネロではく、嘉弥真が登板、緩急が冴え2三振含む3者凡退で味方の勝ち越しを待ちます。

その裏の攻撃、先発山福也(さちや)の投球術に翻弄されましたが、先頭明石が四球を選び、この試合初めて先頭打者が出塁してチャンスをつかみます。甲斐が犠打の後、松田は凡退。上林が四球を選び、柳田に打席が回りました。
外角中心でカウントが2ストライク2ボールとなった所の5球目でした。
柳田本人の真意は本人にしか分かりませんが、咄嗟に対応できたのは見事でした。
インコースをしっかりと捉えます。

インコースの球をしっかりと捉えてポールに切れずライトスタンドへの勝ち越し3ラン。
打球を見届ける伏見と柳田

これには、今日スタメン捕手だった伏見も愕然となるのは無理もないですね。

この3点のリードをもらい、9回は森が登板。今日は連打されて、一発同点のピンチになりますが、後続をきっちり抑えての5連勝になりました。

本人もお立ち台で行ってましたが、東浜の後を受けてマウンドに上がった4人の投手が無失点で抑えたからこそ、あの会心の一振りが決まったと思います。
次の試合に意気込む柳田

今日は山崎に抑え込まれましたが、明日は打線がつながって二保を援護したいところです。対する二保は、立ち上がりをしっかり抑えてくれることを願います。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村