東浜と上原、年齢で行けば東浜が4つ年上。そんな同郷沖縄県同士の投げ合い、負けられない気持ちがあったのでしょう。

気付けば、8回に互いに無失点と根競べの投げ合いになりました。
東浜は、相手の速攻が結果的に球数が少なくなって6安打でランナー3塁に進められた場面がありましたが、要所を抑えていきました。

4回裏は、1アウトに2塁からライトフライの3塁へのタッチアップを防いでダブルプレーで抑えたのは大きかったです。
8回まで好投した東浜

テンポ良く試合が進み、9回の攻防に入りました。
3巡目の場面。上原がこの試合警戒してた、川島がまず四球を選んで出塁。ベンチはここから代走攻勢に入り周東を代走に。
続く、中村晃の場面、サードへの当たりが強襲する形になり、内野安打になり1・2塁とチャンスを広げます。
中村晃執念の内野安打

中村晃は、このヒットが節目の通算1000本安打になりました。
この間、足踏みが続いてたので本人も嬉しかったでしょう。
ボードを掲げる中村晃


中村晃にも代走で上林に。続く、グラシアルが犠打を2球失敗し、追い込まれましたが、一二塁間へ抜けるヒットでまず周東が生還。グラシアルが一二塁間で挟まれて、アウトになるかと思いましたが、二塁への送球がそれ、上林も帰ってきて2点が入りました。

9回裏は、森が登板。1アウト後、中田翔にソロホームランを打たれますが、後続を抑えて1点差で逃げ切りました。
結果的に考えると、また守り勝った連勝になりました。

この日は、選手会長の中村晃がインタビューに。今日から明日までは、川村コーチを偲んで喪章をつけてのプレーになりました。
川村コーチの思い出を語る中村

色々な想いがあるインタビューになりました。

明日はホームに戻っての試合。また、改めて現地に訪れるファンと共に在りし日に思いを寄せてのプレーや応援になります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村