先発ムーアは初回に2安打打たれて、1・3塁のピンチになりましたが、何とか抑えました。
その裏、一番スタメンに入った周東が2ベースで出塁。
先制タイムリーの中村晃

1アウト後、中村晃が初球をライト線の2ベースでまず先制!柳田が連打でチャンスを広げ、続くグラシアルがライトへの犠牲フライで更に1点を入れました。

2点を貰った、ムーアはその後修正していき、2回から6回までヒット1本に抑え無失点でゲームを作ってくれました。
6回まで無失点に抑えたムーア

6回裏松田の四球の後、牧原が代走に。上林三振の間に2塁へ盗塁。このチャンスを甲斐が、センターオーバーの2ベースで追加点。更に川瀬のセンターとショートの間に落ちるポテンヒットの間に、甲斐がキャッチャーのタッチをかいくぐって生還。
甲斐,キャッチャーのタッチをかいくぐって生還

試合の展開的には、この4点目がキーでした。
周東は4打席目は三振になりましたが、栗原が左中間への2ベースでさらに1点で合計3得点。
5点差に広げました。
ムーアは、7回に2ランを打たれてしまい、1アウトを取ったところで交代。
嘉弥真がピンチを作りましたが、高橋礼が一発同点のピンチを防ぎました。

8回表はモイネロが抑え、その裏の攻撃は1アウトから周東が自身初の1試合4安打からこの試合2つ目の盗塁。栗原へのセンターフライの間にタッチアップで3塁へ進塁。
周東、3塁へタッチアップ

この進塁が中村晃にも楽にバッティングの幅が広がり、きっちりセンター返しで追加点。

更に柳田が、ダメ押しの2ランで点差を広げました。
柳田あっという間にライトスタンドへ

この後、真砂の打席でしたが、不運にも膝の皿付近にボールが当たり退場。川島が急きょ代走に、続く牧原がフルカウントから左中間へのタイムリー2ベースで追加点でこの回4得点。

7点差になったので、森も温存。
9回表は、古谷とこの試合今季初マスクとなった海野とのバッテリーになりましたが、1アウトから四球を出した所からコントロールを乱し、連打されて1失点。2アウトまでこぎつけますが、四球で満塁になったところで降板。最後は、泉が登板して抑えて4時間越えになった試合を締めました。

周東がお立ち台に上がりましたけど、川村コーチの想いもコメントで暗い表情になりましたが、一緒に上がったムーアに話しかけられたところで、ようやく笑顔に。
ムーアに声をかけられ、笑顔になる周東

悲しんでばかりだと、川村コーチにも申し訳ないので明日から観客動員数を広げる試合で、得意の走塁でチームに貢献して欲しいですね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村