9回、セーブがつかない場面でマウンドに上がった森も、味方のエラーでピンチを招く中、最後のピッチャーゴロを落ち着いて裁いてくれました。

打線は2回表に、2アウト2・3塁でチャンスが絞りかけそうなところを、今日9番に入った周東が良くセンター前に打ち返してくれました。1ヒット1エラーで2点先制。さらに川島もライト前タイムリーで続き、さらに川島もライト前タイムリーで追加点。

東浜は一巡目で、3連打のタイムリーとショートゴロの間で2失点しますが、リードを保ったまま、3回表の攻撃へ。
柳田、デスパイネの連打の後、中村晃のレフトフライで柳田がタッチアップで3塁へ進塁したことが、相手先発の中村(稔)にプレッシャーかけたことが、相手守備にプレッシャーを与えました。松田が四球で1アウト満塁とし、次に川瀬がショートゴロでしたが、ダブルプレーを崩すヘッドスライディングで1点をもぎ取りました。
更に、再び満塁となり、周東が2打席連続タイムリーをセンター返しで差を広げました。
東浜は、3回裏にマーティンにソロホームランを打たれますが、4回以降は無失点で抑え、6回まで投げて試合を作ってくれました。

その後、継投は7回は高橋礼と嘉弥真でしのぎ、8回はモイネロが四球で一人出しますが、しっかり無失点で抑えました。
7回表の2アウトから相手四球で得たチャンスをデスパイネがタイムリーで、7-3と4点差に広げたことも試合を優位に進めました。

何はともあれ、先週の金曜以来の勝利で連敗を5でストップ。0ゲーム差で並ぶピンチを防ぎました。明日は相手先発が美馬、なるべく序盤で球数を稼いで今日のように早いイニングで攻略したいところです。

周東は、昨日のエラーを取り返す、4打点で結果残せて良かったです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村