先発石川は、初回の先頭福田(周)にデッドボールを与えた事で調子が悪かったのでしょう。ヒットと四球も絡み2アウト満塁に。
T-岡田にはデッドボールで押し出しで1点を献上。

しかし、これがもし岡田の足に当たってなければ暴投になり、2点が入ってたかもしれません。結果的に次の伏見をセカンドフライで打ち取り最少失点でしのぎました。

打線は、3回表に甲斐のライトオーバーの2ベースから周東の右中間の3ベースで同点に。
4回表は、ヒットのグラシアルを1塁に置いて、栗原がライト線の2ベースでグラシアルが生還して逆転します。

しかし、石川は5回もコントロールが定まらず福田に対して、この試合3つ目のデッドボールで出塁させ犠打で2塁にされたところを、モヤのセンター前タイムリーで再び同点とされました。

しかし、この試合流れが一気に変わったのは直後の6回表でした。
先頭の柳田が四球で出塁し、グラシアルがこの日猛打賞となるセンター前ヒットでノーアウト1・2塁のチャンスを作ります。
ここで松田のところで、代打川瀬にバント策。
代打川瀬のバント

緊迫する場面でしたが、しっかりと決めてくれました。

続く中村晃が、2・3塁のチャンスに応え、ライト前ヒットで再び勝ち越し!

栗原の所で、相手先発田島がこの試合初めてのデッドボールで1アウト満塁のチャンスになります。田島は、ここで降板し比嘉に継投となります。
比嘉の継投を受けて、バレンティンの打席でしたが、ここでも代打策で長谷川を起用。

期待に応え、シンカーを見事に芯で捉えました。
長谷川自身初の満塁HR

待望の今季第1号が、自身初となる満塁ホームランで一気に大勢を決めました。

石川は準備してましたが、5回83球でマウンドを中継ぎに託すことになりました。
6回は高橋礼が1イニングを抑えます。

7回表には1アウト1・3塁から川瀬が犠牲フライで追加点。
その裏は杉山が連投に。変化球を打たれてしまい、3安打2失点。嘉弥真が1ポイントリリーフで杉山が背負ったランナーを防いでくれました。

8回は中1日で岩嵜が上がって3者凡退に。

9回表には、途中から守備についた牧原→釜元→真砂の3連打で1点追加。
その裏は泉が登板し、ダブルプレーで結果的に3人で抑えての快勝でした。

長谷川は、今季は色々とアクシデントがありました。その中での待望の今季第1号は最高の結果になって感慨深かったと思います。
落ち着いて語る長谷川

石川にも久々の白星。今日は味方の打線に感謝して、また次の登板ではテンポいい投球をしてくれることを願ってます。

対オリックス戦今季最後の3連戦を3連勝しての帰福になりました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村