マジックがかかってない状況でも、連敗はしないことが大事だったの良かったです。久々の先発だった大竹は、初回に2点をもらった後に1失点しましたけど、そこから最低限5イニングまで投げてくれたと思います。

打線は、初回に周東のヒットと9試合連続盗塁でチャンスメイクし、1アウト2塁から柳田のセンター前タイムリーで先制、さらにセンターが後逸した感に柳田もホームインして2得点。

1点差に迫られた2回裏にすぐに点を取り返したのが大きかったです。
ヒットとフォアボールで1アウト1・2塁の場面で周東がレフト前タイムリーで突き放します。
周東の2安打目はタイムリーに

さらに中村晃・柳田の連続四球で押し出しで追加点。続くグラシアルがライト前タイムリーで2点を追加して、この回計4得点。

相手先発、松本をここで降板させました。

5回には、松田のソロホームランで追加点。

5回以降の継投は、杉山と嘉弥真で6イニングを無失点でつなぎ、7回は泉が登板し、味方のエラーの1失点。
8回は高橋礼、9回は森と勝ちパターンの投手がマウンドに上がって締めました。

大竹は数少ない1軍登板機会をアピールできて良かったですね。レギュラーシーズンもう1回登板があった時は、好投を期待してます。

マジックも2つになりましたが、周東の連続試合記録も9で継続。チームは早く優勝を決めたいでしょう。周東はプレッシャーがかかると思いますが、自分が現地に行くときは連続記録が途切れないことを願ってます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村