初回は、いきなり味方のエラーで出塁してどうなるかと思いましたが、次の打者松原がバントミスになり、ランナーが進めず。
互いにエラーしたことによって、ムーアの緊張が和らいだかもしれません。

フォアボール二つに、エラーでランナーは出すもの、少ない球数でしっかり抑えての7回ノーヒットでの無失点での好投だったと思います。

サンチェスとの投げ合いでしたが、3回裏に2アウトから周東の一二塁間への内野安打は、相手の送球エラーを誘い2塁へ進塁。
続く中村晃が、2−2から5球目のスプリットを読み勝ちの技ありの一発で先制2ラン。
周東が二塁に進んだことで、変化球が甘く入った所をついた一発でした
更に、中村晃は7回にも1アウト1・2塁で得たチャンスを生かし、ライト前タイムリーでさらに追加点。グラシアルにもタイムリーが出て、更に点差を突き放しました。

ムーアを8回からモイネロにスイッチしたのは、4戦目で一気に決めるという気持ちが表れた采配だったと思います。

そのモイネロは1アウトから2四死球でランナー背負いましたが、後続を2三振で抑えます。
9回は森が登板、ノーヒットノーランリレーが期待されましたが、2アウトから丸にヒットを打たれてノーヒットならず。しかし、次のウィーラーをきっちり抑えて完封リレーでの勝利でした。

明日は和田が2年続けて第4戦での登板。ひょっとするとの結果になるかもしれません。
その時は、謙虚な気持ちで見届けたいと思います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村