2回表の攻撃、グラシアルのヒットから中村晃も連打で1・3塁のチャンスメイク。
デスパイネはアウトになりますが、続く栗原のライト線のフライ。

グラシアルのタッチアップのフライは、走るそぶりを見せない動きをさせたトリックプレイの様に見えました。この先制点が結果的に相手の動揺を生みました。
進塁した中村晃をに2塁に置いて、松田も続けとライト前ヒットが今季初タイムリーになりました。

結果的にこの2点がこの試合の主導権を握る形になりました。
その裏、先発笠谷は先頭打者ジョーンズにソロホームランを打たれましたが、これがもし1体1の同点になってた場合は気持ちの持ち方も変わってたと思います。

2本のヒットで、1アウト1・3塁のピンチを背負うものの後続を連続三振で抑えてピンチを乗り切りました。

6回までは、膠着状態が続きました。

しかし、7回表に均衡が破れ、1アウトから甲斐が相手の2番手投手ヒギンスからストレートをレフトスタンドギリギリのソロホームランで追加点。

これにより、味方のベンチも継投での必勝リレーに入りました。

6回90球まで投げた笠谷から二番手は、杉山が登板。ワンヒットとフォアボールでランナー二人背負うものの、要所を打ち取り無失点。

8回は、津森がワンポイント、嘉弥真が2ポイント抑えるリレーに。

9回は森が、ダブルプレーもあり3人で抑えて今季初セーブ。
連勝を4つに伸ばしました。

何よりも、前の3連戦でヒットがなかった中村晃と松田にヒットが出た分、ファンもホッとしたと思います。
明日も大竹がしっかりとアピールしてくれることを期待してます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村