昨日のマルティネス投手と一転、レイ投手は序盤から球数が多かったですね。
3回までに、3四球を出しますけど、何とか粘って抑えてくれました。

初回にも得点のチャンスをつかみましたがダブルプレーで取られて、先制できず、次に好機をつかんだのは4回表でした。
連続四死球でランナーを出し、1アウト後、真砂がライトオーバーのヒット。これで点が取れそうでしたが、野外球場の風の読みもあり、進塁もしづらかったのでしょう。
満塁になり、甲斐がレフトのグラブをはじくタイムリーでまず1点。続く谷川原が相手先発池田から四球を選び押し出しとなり、この回2点を入れます。
打線はその後も、5回・6回・7回とタイムリーで1点ずつ取り徐々に突き放していきます。
先発レイは5回まで投げて96球と最低限の役目を果たして、後続にマウンドを託します。
2番手の石川がロングリリーフでテンポ良く、8回1アウトまで抑えて相手の攻撃を封じました。
8回途中から嘉弥真が連投。2人を連続三振で抑えてくれました。

9回は板東が登板。こちらも三人で抑えて、沖縄の地でカードとしても久々の連勝を飾りました。次の千葉での試合に向けて、弾みがつきました。
次の2連戦もこの勢いを持続して、帰福したいところです。

書き忘れましたが、5回の真砂のランニングキャッチもレイの白星に貢献したのが大きかったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村