初回、柳田の先制ホームランで幸先良い展開になるかと思いましたが、先発石川はコントロールに苦しみました。
直後の2回表、1アウト2・3塁のピンチを防げず、犠牲フライと左中間への2ベースで逆転されます。

しかし、打線の方は何とか粘りヒットは出なかったものの、3回裏の甲斐と牧原の粘りで球数を稼いで、先発スパークマンに食らいつきます。

その粘りが、5回裏の攻撃に繋がりました。

まず中村晃とリチャードが四球で出塁。続く、上林の打席はピッチャーと3塁間の絶妙な所にバントで転がして内野安打とし、満塁とします。
上林の復帰後初ヒットはバントから

上林は、これが復帰後初ヒットになりました。
このチャンスを、甲斐が物にし、スライダーをセンター返しで2点タイムリーで逆転に成功。
リチャードのプロ初得点は気迫のヘッドスライディング

リチャードのヘッドスライディングでのプロ初得点が、更に打線を活気づけるきっかけになったと思います。

続く牧原の打球は、高く弾んだ球がサードの頭上を越えていくタイムリーで1点を追加。
ここで、先発スパークマンをマウンドから降ろします。
三森は、犠打で2・3塁とチャンスを広げ、柳田はアウトになりますが、栗原は四球を選び2アウト満塁に。
続くデスパイネが3人目の継投になった張奕のストレートを捉え、センターオーバーの走者一掃の3点タイムリー2ベースで突き放します。
更に、この回2打席目となった中村晃が高めのストレートを振り抜き、ライトのテラス席に運ぶ2ランで、今季1イニング最多得点となる8点目に花を添えました。
1イニング8得点の仕上げは中村晃の2ラン

この大量得点で、石川がしっかりと抑えてくれると良かったのですが、後藤(駿)と杉本の二人にソロホームランを打たれてしまい失点。
接戦になった時に、こう言ったところ一発を打たれてしまわないようにしてもらいたいですね。

点差が詰められ、少し嫌な雰囲気になりますが、牧原の二打席連続タイムリー3ベースと三森の犠牲フライで、取られた2点を再び取り返しました。

石川は6回で役目御免となり、7回から継投へ。あまり中継ぎを使いたくない場面でしたが、高橋礼が2イニングのロングリリーフで無失点。9回は田中が登板し三者凡退で相手の攻撃を封じてくれました。

明日の予告先発が和田になるだけに少ない継投で締めてくれました。

上林は復帰後の内野安打も大きかったですが、リチャードにも通算7打席目で公式戦初ヒットが7回裏に生まれました。両親とおじいさんが見てる前で結果を残す事が出来て良かったですね。これから、まだまだ厳しい試合が続きますが、先輩方の良いところを吸収して成長してくれることを願ってます。
よろしければ、反応していただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村