試合を全体で振り返ると、先発和田が2回表にランナー一人置いて若月に先制の2ランを打たれて嫌な雰囲気になりますが、その裏、打線も落ち着いてました。

先頭栗原のヒットとデスパイネのデッドボールの後、中村晃が犠打を決め2・3塁とチャンスを作った後、今日もスタメンに入ったリチャードがセンターへ最低限の犠牲フライでプロ初打点を記録。これで、リチャード自身も気持ちは落ち着いたのではないかと思います。

和田さんは、3回以降修正していき、3回表4回表ともに3人でアウトにし、味方の反撃を待ちます。

4回裏は、先頭柳田がライト前ヒットで出塁。栗原凡退後、デスパイネライト前ヒット、中村晃四球で1アウト満塁のチャンス。
ここで、リチャードに打席が回ってきます。
相手先発増井に対し、7球粘り8球目。真ん中に入ったストレートを見事に捉えました。
放物線を描いてレフトスタンドへ、劇的なプロ初の逆転満塁本塁打になりました。
その後も打線が繋がり、今季初スタメンだった高谷にもヒットが生まれて2つの四球が絡まり再び満塁に。三森がセンターへ打ち返し2点タイムリーで追加点。この回、合計6点を入れました。

和田さんは、次の事も考え5回でお役御免となりました。次は、6回以降も投げて抑えてくれることを願ってます。

打線は6回裏に栗原の犠牲フライで1点を追加。
7回裏には、先頭リチャードが2本目のソロホームランを放ち1試合6打点。
更に、牧原の2ランと栗原のタイムリーで、2試合連続の二桁得点に到達しました。

2番手はスチュワートが8回まで3イニングのロングリリーフ。
持ち前の速球で6奪三振。ただ、3イニング目は2アウトから四球からの3連打でのタイムリー2失点は、今後への勉強代になりました。

9回は、古谷が今季初登板。3人で抑えて、連日の自力優勝の消滅のピンチを防ぎました。
昨日に続いてのリチャードの活躍。お立ち台は、まだまだ緊張してる面はありますけど、バットと守備で結果を出し続けて欲しいですね。

移動日前の勝利は、書く方も気持ちが落ち着きます。次は、所沢と札幌へのロード。火曜日は、高橋(光)との対戦になると思います。リチャードもですが、上林もチャンスで活躍できると、更に勢いが付くと思います。
早い段階で打ち崩してくて欲しいですね。
よろしければ、反応していただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村