今日の展開希望的には、森とモイネロを休ませて、しっかり点を取っていく展開に持ち込んでほしいという思いで見てました。
 
先発マルティネスの立ち上がりは、甲斐の落ち着いた判断でキャッチャーゴロをダブルプレーにし、相手の盗塁を刺して、無失点にして助けたのは大きかったです。

初回の攻撃は、この日1番スタメンについた川島が四球を選び、続く栗原がセンターオーバーの2塁打から川島が一気にホームの帰り先制点で主導権を掴みました。
松田の300号が生まれた3回裏は、1アウトからの連続四球から進塁打もあり、2アウト1・3塁のチャンスからでした。まず、デスパイネがフルカウントからサードへの強襲のレフト線2ベースとなり2点タイムリー。
続く松田は、相手先発浜屋の高めのストレートを見事に捉える一発でした。
本人も言ってた、レフトのテラス席にボールを運び2ランで追加点。

試合展開的にも大きな一発になりました。

松田は、その後も5回裏1アウト満塁から犠牲フライで追加点。ランナーが二人残った所を、牧原がレフトの頭上を抜ける2点タイムリー2ベースで更に突き放します。

中5日のマルティネスは、6回まで投げ99球被安打4の2四球3奪三振で、しっかりとゲームを作ってくれました。

その後の継投は、7回が甲斐野8回古谷9回田中と理想的な継投で完封リレーとなりました。
今日は、松田の祝福の余韻に浸りつつ、明日は杉山が前回の反省を生かして好投をしてくれる事を期待してます。
よろしければ、反応していただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村