それを救ったのが、今季途中から一軍合流してる柳町のヒットから希望をつなげたという事でしょう。
8回表、2アウト1・2塁から、この試合3打席出塁してる栗原が四球を選び満塁に。

ここで柳田の打席。センター返しからのセンター前2点タイムリーヒットで1点差に。
と、思ったところをセンターの守備に就いてたオコエが、リプレイで見るとバックホームには程遠い悪送球をしました。
レフトのファールラインに転がっていく送球エラー

この送球を栗原がしっかり見ており、1塁からホームインで同点になります。
送球エラーの間に2塁に柳田を置いて、川島が代打に。左中間をぶち抜くタイムリーで逆転になります。
川島の逆転タイムリー打

その裏は、古谷が4番手で登板ランナー2人出しますが、相手の犠打を中村晃の好守備で3塁へ進塁を止めたのが大きかったです。

そこから何とか踏ん張り無失点。

9回は、森が昨日のリベンジを晴らす三者凡退で締めて、昨日の負けを晴らしました。

数字上まだ3位の可能性は決まってないのですが、まずは今季の負け越しを何とか止めたいところです。次からは千葉でロッテと3連戦した後、1日置いてホームで1試合しての4試合。
今日の様に、最後まで集中して行って白星を取りに行って欲しいです。
よろしければ、反応していただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村