正直、テキスト速報の流れで初回にレアードの2ランと山口の2者連続ホームランで3点取られた時は、もう諦めムードなのかと思われましたが、打順の組み替えが直後の2回表に功を奏したようです。

2アウト2・3塁のチャンスからの3連続タイムリー。牧原→栗原とつなぎ、とどめは久々の柳田の一発。体勢は崩れたように見えても、レフトスタンドへボールを運ぶのが流石と言った力でした。

石川は、3回に4失点目を取られた時は、ベンチは交代のプランを考えてたのでしょう。
また、直後の4回表に栗原のソロHRとデスパイネのタイムリーで、5−4から7−4の3点差になった時は、チームの雰囲気も落ち着いたと思います。
その後も、6回の犠牲フライ、7回のデスパイネのソロHR、9回は満塁から押し出し四球での追加点で徐々に点差を広げていき、チームも久々の二桁得点でした。

5回から2番手で登板した杉山が9回まで5イニング投げ切り無安打1四球と好リリーフを見せてくれて、自身も今季2勝目が付きました。ひょっとすると、次の土曜日の仙台の試合は先発のプランが出てくるかもしれません。

残り5試合で、次は千賀と美馬の投げ合い。今日の様に早い段階で、相手投手を打ち崩して優位に立ちたいところです。
よろしければ、反応していただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村