9回を通して見ると、5回裏にヤクルトが3点を入れた場面が起点でした。
勿論、ここでバルガスが抑えてくれると良かったのですが、中村(悠)のセンター前タイムリーの間にまず2点。その後、送球処理でサードの宗がグラブに収まりきらずにレフト方向へボールが転がる間に、3塁にいたサンタナもホームに帰ってきてもう1点追加。

ここで、2点に収まっておくと結果論ですが、スコア的に4−4に収まりこの試合も初めて延長にもつれ込んだかもしれません。

いずれにしろ、ヤクルト側は3番手以降の投手、田口→石山→マクガフが0点に抑えた事がこの試合の勝利に繋がりました。

4戦目は、ヤクルトが3連勝になっていくと、ホーム球場は使えないと言えども関東のファンの前で胴上げできるチャンスが巡ってくる訳で、オリックス側は今日の2つのエラーを引きづらないことが大事になってきます。

よろしければ、反応していただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村