相手先発ロメロに対して3回まではヒット一本に抑えられてましたが、4回先頭の今宮のヒットから一瞬の動揺を突いた形になりました。

続く柳田が初球のスライダーを見事に捉えてのレフトスタンドへの2ランで先制!

グラシアルがアウトの後、中村晃→デスパイネがシングルで繋ぎ、続く柳町が左中間へ抜ける2塁打で1点を追加。シングルヒットが多い柳町ですが、この長打が結果的に大きな一打になりました。

先発和田さんは、初回の四球以外は5回までノーヒットピッチング。テンポいい投球内容が打線にリズムを作ってくれました。
出来れば、6回まで持ちこたえて欲しかったのですが、70球目に入ったところで球威が落ちる傾向が、ここ最近の和田さんの状態なので、その辺りを連打されてしまい、1失点したところで嘉弥真にマウンドを託しました。
嘉弥真は回跨ぎで7回もう一人抑えて、津森にスイッチ。レアードにソロHRを打たれましたが、1点リードを守って8回は又吉に。
いきなり代打角中にヒットを打たれて、犠打で2塁にランナーを背負うピンチでしたが、後続をしっかりと抑え昨日の雪辱を晴らしました。

9回のモイネロは、レアードに敬遠気味に四球を与えたものの他の打者は3人すべて三振で抑えて、1点のリードを守り切りました。

和田さんにようやく今季初勝利。ベテランで登板の機会は限られてきますが、投げる試合で自身にも勝ちが付いたのは大きいです。
これで日米通算149勝目。次の登板ですんなりと150勝目を達成してくれることを願います。

また、交流戦前の試合での勝利は気分良く挑めそうです。
よろしければ、反応していただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村