初回の攻撃が明暗を分けました。
楽天の攻撃は、3本ヒットが出たものの、走塁ミスやバックホームが引いてしまい、無得点。

片や、こちらの攻撃は2つの四球で得たチャンスをデスパイネがレフトフェンス直撃のタイムリーでまず先制。更に四球で満塁となり、松田が当たりはボテボテでしたが、足で稼いで内野安打となり2点目をもぎ取ります。
足で掴んだタイムリー内野安打

このリードを保ちながら、守りもリズムが生まれ、5回表杉山が作ったピンチを松本がしっかりと抑えてくれました。
直後の5回裏は、先頭の柳田のヒットを皮切りに、デスパイネが2ランで追加点。
デスパイネ3打点目となる2ラン

さらに中村晃も続いて、相手先発瀧中をマウンドから降ろしました。
中村晃も続く2者連続HR


7回は津森が2ランを打たれて、2点差となり、流れ的に悪くなりそうな展開になりましたが、泉がピンチを切って取りました。
その裏に、2アウト1・2塁のチャンスを甲斐が右中間へのタイムリー3ベースで2点を取り返し、リードを再び広げました。

8回は藤井が2四球出しながらも要所を抑えて無失点。
9回は甲斐野が登板、6球で3人を片付け、モイネロを休ませる事ができました。

やはり、松田の存在が大きく感じた試合でした。
リクエストに応えてのHRポーズ

グラシアルの復帰時期が10日で戻れるか分からない状況なので、デスパイネにも頑張って欲しいところです。
よろしければ、反応していただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村