昨日より多く点を取っての連勝になりましたが、5回の決勝点となった得点は松田の好判断がありました。
1アウト満塁の場面での川瀬の打席。センターライナーの難しい当たりでしたが、ここをしっかりとタッチアップしてくれました。
タイミング次第では、アウトでチャンスが潰える場面でしたけど、送球がそれたのも幸いしての勝ち越し点。
前日に続いて、松田の好走塁が決勝点

ここから、牧原・柳田の連続タイムリーに繋がりました。
この日、大関の離脱を受けて、初先発に上がった武田は良いところで変化球が決まりました。
相手先発田中との投げ合いに勝ち、7回途中まで投げて8奪三振の1失点。
指のアクシデントにより途中降板となりましたけど、コントロールの精度が増していくと次回も期待します。

3連投も辞さない場面でしたけど、7回途中から嘉弥真が1イニングを無失点。
甲斐野は30球の球数を要しましたけど、要所を抑えて8回を抑えました。
9回は、板東が6月3日以来の登板で、1イニングをピシャリと抑えました。

実に9カードぶりの勝ち越し。明日の和田さんに繋がる試合になります。
私事ですが、約6年ぶりに和田さん登板日に現地での試合観戦となります。

和田さんボードを掲げる機会も少なくなってきてるので、明日はしっかりと勝てるように念を送って行きます。

よろしければ、反応していただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村