レイ投手が初回の2ランを打たれて、制球を欠く中。5回途中からの継投が見事にハマった形です。
5回裏同点にされて、1アウト1・3塁から登板した板東が三振とファールフライで相手へのリードを許さずに、7回2アウトまで投げてくれました。

四球を出した所で、嘉弥真がワンポイントで抑えて、8回は松本が登板。

ここを3人でしっかり抑えてのは大きかったですね。

9回は、ロッテの方は益田が登板、2アウトランナー無しでの今宮の打席、10球粘ったのも大きかったです。スライダーを投げる所で、タイミングが上手くあったのでしょう。
しっかりと振り抜き、ホークスファンが待つレフトスタンドへの値千金の勝ち越しホームランになりました。


9回は、モイネロが連投で休みを受けての藤井がマウンドへ。先頭打者を周東が走りながらフライキャッチしたのも大きかったです。
その後、後続をしっかりと抑えて、自身は2セーブ目。
カードを3連勝での帰福となりました。

やはり、甲子園の季節になると今宮はアドレナリンが良く出るのでしょうね。
母校の方は明日2回戦。相乗効果になることを期待してます。

よろしければ、反応していただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村