奥村先発となると、5イニングと言う考えが行くのですが、4回から森が登板しての3イニングずつ分けてのリレー。終盤戦で、相手のデータが少ないからできる采配なんだなと藤本監督のコメントを聞いて思いました。

その起用が的中し、奥村も森も無失点でのリレー。結果的に、相手先発盒供文)にプレッシャーを与える形になりました。

4回の2アウトから2四球でもらったチャンスを高橋と相性がいい中村晃に回り、センター前タイムリーヒットでまず先制点。

5回には四球と犠打で得たチャンスを周東が左中間へのタイムリー2ベースで更に1点を追加。

徐々に相手ベンチにプレッシャーを与える形になりました。
7回にも同じ形でチャンスを作り、周東が今度は右中間へのタイムリー3ベースで1点を追加し、三森のセンターへの犠牲フライで自らの足で追加点を取りました。

8回裏は2四死球と相手の野選で満塁となり、これを今宮がセンター返しの2点タイムリーでダメ押し。6点差になったことで、相手の守備の緊張の糸が切れたのでしょう。

野村勇の内野安打で再び満塁となり、甲斐のサードゴロと周東の犠牲フライで点を重ね、三森のセンター前タイムリーでこの回5得点で、9−0と大きく点差を開けました。

8回から登板した津森が2イニング目も続投し無失点。結果的に、松本・藤井・森を休ませる最高の形で連勝となりました。
こうなると、石川も続けたいところです。

更に、奥村・森のリレー継投が今後もありそうな試合でした。

よろしければ、反応していただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村