柳田のバースデー満塁ホームランで興奮した試合。その陰で、監督のコメントにもあった周東の足もあったおかげだったというのを改めて確認しました。

3回裏の場面は、1アウトから柳町が四球で出塁後、甲斐がバントで送り、三森が四球。周東はセカンドゴロでしたが、ダブルプレー崩れで一塁に残り2アウト1・3塁とチャンスが残り、相手先発今井にプレッシャーを与えました。
ダブルプレー崩れで柳田に繋がりました

牧原は足にデッドボールを受けて満塁に、最高の形で柳町に回ってきました。

初球がファールになり、二球目は低めに入ったスライダーを掬い上げてライナーでライトのテラス席へ。
打ち直しで良くライナーで持って行ってくれました

最高の形で出てきた34歳最初の満塁ホームランでした。
この日先発の東浜は初回から全力でした。5回表で捕まり、連続長打で1点を失いましたが、後続を何とかフライアウトで凌いで、5回まで投げ切りました。

打線の方は、4回以降も効果的に点を積み重ね、甲斐は4回と8回裏のタイムリーで2打点。7回裏は柳町の2ベースからチャンスを作り、三森と牧原のタイムリーで2点を取り、この試合合計8得点で西武打線を抑えました。

9回表に山川がリリーフ登板したレイ投手を意地のソロホームランで存在感を見せましたが、相手の反撃はここまでとなり、連勝でファイナルステージ進出を決めました。

3戦目で投げる予定だった石川を温存できたのは大きいです。
更に、この日リリーフ登板した、大関・松本・藤井が一度登板して状態を確認するという意味では良い継投でした。

大坂では、山本由伸を軸に先発投手が控えてましたが、今日の勢いをそのまま継続してファイナルの初戦を物にしたいところです。

パリーグの方は、決まりましたけど、セリーグの方は1勝1敗でタイになり3戦目に持ち越しとなりました。
よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村