更に、ポストシーズンの連勝も続いてた事で選手はコーチ陣にとってもプレッシャーがのしかかった事でしょう。山本(由)に止められたら、仕方ない展開でした。

石川も何とか食らいついてたけど、2回に初めて四球出したことで徐々にコントロールに狂いが出始めましたね。
4回の3四球が絡んだ押し出しの失点が、今日の試合を象徴させました。
打線も何とか1点を取りたい気持ちは出てましたが、犠打でアウトに与えた事が、山本にとっては楽にさせたのでしょう。

結局5回に点が取れなかったことで、その後の継投にも狂いが生じてしまい、2つの押し出しが絡んでの3失点で、主導権を相手に持って行かれました。

とは言え、ポストシーズンの連勝記録が途絶えた事で、気持ちも切り替えることが出来ます。今日は、機動力も封じられましたが、明日の打線の奮起と板東の好投に期待します。
勝ちパターンの投手を休ませたことが不幸中の幸いでした。
よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村