和田さんが、先に吉田から2ラン打たれたが最後まで尾を引いたと思います。
5回途中で降板しましたけど、和田さんの年齢を考えると致し方ないでしょうね。

吉田の2ラン打たれた以降は、リアルタイムで見ておらず、最後はテキストで結果を確認しました。

モイネロに負けが付いたので、察しがついた次第です。
イニングを追って行くと、デスパイネが意地の同点2ランを打ちましたが、引き分けもダメな状況なので、何とか1点でもリードを広げたかったのですが、クリーンナップ以外に当たりがなかった結果を見るときつかった展開でしたね。

今年は振り返ると、栗原・上林の途中離脱。更に、先発陣においては期待されたチャットウッドが1試合も登板無く退団など、藤本監督の1年目は頭を悩ませるシーズンでした。
そんな中、2軍で活躍してた選手が結果を出して、優勝争いに貢献したのは評価したいです。

この経験は、来シーズンに生きてくるはずです。来季は、レギュラー争いも厳しくなることは間違いありませんし、助っ人をどう補強する事も大事になってきます。
個人的には、先発陣を補強してくれることを願ってます。

ひとまず、今日まで頑張った選手・スタッフの皆様お疲れ様でした。
よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村