第3戦まで、終わってヤクルトの2勝1分けは、すんなりいくかと思いました。
ただ、引き分けが一つあったことで、オリックス側にも、何とかなると思いが強かったのでしょう。
第4戦からの、1−0での僅差の勝利からそこから本来の力が戻された感があります。
第5戦は1点差からの、同点タイムリーエラーを経ての吉田(正)のサヨナラ2ランで2勝2敗で流れを戻していきました。

第6戦は、中盤の先制タイムリーから9回は相手の動揺を誘う犠牲フライ等での2点の追加点で王手をかけました。

そして、第7戦は出鼻をくじく、太田涼の初球先頭打者ホームランで主導権を掴みました。
ヤクルトも、これ以上失点しないようにファーストの守備に就いてたオスナの好判断でホームダブルプレーで追加点を防いでいきます。
しかし、先発サイスニード連続四死球で押し出しで追加点で守備にほころびがでました。
続く杉本の打球はセンター塩見がグラブを伸ばすものの、下の方にボールが抜けていき、満塁の走者がかえってくるタイムリーエラーで3点を入れ、5−0と突き放します。

しかし、ヤクルトも意地を見せ、1アウト1・2塁から村上がライト前タイムリーヒットで1点を返します。
更に、オスナも続きレフトスタンドの深いところに入る3ランで1点差に詰め寄ります。

9回裏の場面は、ランナーが一人でも出ると、オリックス側にプレッシャーがかかる緊張した場面でしたが、ワゲスパックがフライアウト2つを取り、最後は空振り三振で試合を決めました。

正直、1点差に詰め寄られた時は簡単には勝たせてくれないと思いながら9回の守備を見てました。
そこを、3者凡退で仕留めたのは見事でした。

思えば、バファローズのチーム名としては初めての日本一。近鉄最後の選手で引退となった、坂口智隆さんはどんな心境で見てたのかなと頭がよぎりました。

ようやく決まり、こみ上げるものが出てきたと思います。
自分は、胸のつかえがとれホッとしています。ひとまずオリックス関係者の方も悲願達成で、しばしの喜びの余韻にひたってるでしょう。

昔からのファンも感慨深い時間になったと思います。

本当に、おめでとうございました。



よろしければ、反応していただけると幸いです。