有原の初回は、1アウトからヒットを打たれてどうなるかと思いましたが、次の打者をショートゴロダブルプレーで6球で無失点を完了させました。

また、この日ファーストの守備に就いてたのが、中村晃の体調不良で昇格した3年目井上朋也でした。

その裏、三森柳田の連打からのエンドランで1・3塁のチャンス。近藤の打った球は、ファーストへ高く弾んだのが幸いし、三森がスライディングでホームへ生還。

柳町は、ヒットで繋いで満塁に。続く今宮はセンターへの浅い当たりでしたが、センターとレフトが一瞬交錯しそうになったところを、柳田が見逃さずタッチアップでホームイン。タイムリーでない2点は相手にとっては応える取り方でした。
その後、膠着状態が続き、5回裏。この回先頭の井上(朋)の2打席目。追い込まれながらもセンターへはじき返し、プロ2打席目で初ヒット。
井上朋プロ初ヒット

早い段階でヒットが出たのは、本人にとっても大きかったです。

甲斐がバントで進塁させ、続く周東がセンターへはじき返し、ホームイン。プロ初得点も達成しました。

三打席目の右中間へのヒット、2塁を狙いましたが、間一髪アウトに。少しスピードを緩めて躊躇した部分は、今後への課題になりますね。

先発有原は、しり上がりに調子を上げ、6回からは3者凡退を3イニング続けて、8回まで投げて105球4安打1四球の無失点。課題となった立ち上がりを抑えたのが大きかったですね。
9回裏は、3点差でセーブシチュエーションになり、オスナが3人できっちり抑えました。

中々、大きな連勝が続かない状況ですが、明日は東浜君も意地を見せて、カードの勝ち越しを決めたいところです。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村