良く、7回裏は相手先発田中から逆転の糸口をつかんでくれました。

先発和田も、今回はなかなかリズムが作れない状況で5回のタイムリー2失点のみで踏ん張ってくれました。

6回から継投に入り、又吉がこの試合唯一の三者凡退。7回は甲斐野が、ランナー2塁のピンチを背負いましたが、何とか無失点で抑えました。

和田さんの前回登板もでしたが、選手間でも何とか和田さんに勝ちは付けたいという思いが強かったのでしょう。今回は、負けを消す場面の状況でした。
まず先頭柳田が、レフトへの2ベースで出塁、近藤はセンターオーバーの2ベースでしたが、相手のフェイクプレイで柳田が帰れずに2・3塁に。それでも、続く中村晃は落ち着いてボールを見極めて四球で満塁に。
このチャンスを今宮が、変化球を振り抜き左中間への2ベースで同点に。2・3塁から柳町も続いて、一二塁間へ抜けるタイムリーで逆転に成功。
ここで田中をマウンドから降ろしました。

続く井上に代わって代打の増田がデッドボールで再び満塁に。甲斐は三振に倒れましたが、周東が犠牲フライ。タッチアップから2アウト1・3塁とチャンスが続き、三森もしぶとくショートへのボテボテの当たりを、足で稼いで内野安打タイムリーでこの回計5得点でひっくり返しました。

8回は藤井が四球と味方のエラーもあり、1・3塁と一発同点のピンチになりましたが、フランコを空振り三振で抑えます。

その裏は、途中から代走で出た上林の2ベースを足掛かりに、相手エラーと甲斐のタイムリーで2点をダメ押ししました。

5点差の9回は、オスナではなくて松本が先頭を四球で出しましたが、後続を抑えて試合終了。
ここで負けると、カードの負け越し且つ4位の足音も近づく状況で、また何とか踏みとどまりました。

明日の板東は前回の課題を修正して、カードの勝ち越しが出来る事を願います。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村