この頑張りがないと11回の4点はありませんでしたからね。
強いて言えば、スチュワートがリードを持ったままマウンドを譲る選択肢もありましたけど、逆転される緊張感の中、良く抑えました。

耐え忍んだ延長11回に左投手相手なら打率が高い近藤が左中間フェンス直撃のタイムリー2ベースで、周東と柳田が返ってきて、2点を勝ち越し。

上林が四球で繋ぎ、今宮がライト線への2ベースで更に2点を入れてダメ押ししました。

甲斐野→又吉→松本→藤井→オスナ→津森とつなぎ、最後は大津が四球一つ出しましたが無失点にし、今季最長の試合を制しました。

明日は、與座と有原の投げ合い。前回同様に、わずかなチャンスを物にできるかだと思います。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村