近藤の先制ソロでリードをしてました。
しかし4回裏、連打された後に内野ゴロの間に追いつかれて、まずい雰囲気が漂いました。

しかし、それを振り払ったのが5回表先頭の井上(朋)の一振りでした。
見事にストレートを仕留めましたね。

待望のプロ第1号が勝ち越し点に。本人にとっても、これからのチームの将来を考えると明るい材料になりました。
ここから勢いが付いたのか、1アウトから甲斐と周東の連打でチャンスを作り、野村(大)が四球で満塁に。更に柳田も四球を選び、押し出し。近藤も犠牲フライで手堅く点を追加しました。
この3点を守るべく、和田さんは、5回裏連打されながらも粘りの投球を見せてくれました。ノーアウト1・2塁から、連続三振とサードゴロで無失点に抑えました。
98球費やしましたが、良く5回まで投げ切ってくれました。

6回裏は、甲斐野が5球で三者凡退にし、攻撃にリズムを作ります。

前の試合で、中継ぎの投手をつぎ込んだために、相手先発小島は続投せざる得なかったでしょう。
7回表は、1アウトから周東ヒット。盗塁後、途中から入った上林のヒットも続き、1・3塁に。柳田の打席のところで、上林が牽制で挟まれましたが、その隙を見て周東がホームスチールこの回盗塁2つが記録されての追加点になりました。
柳田はゴロアウトになりましたが、相手チームには動揺が続いてました。

ここから、近藤→中村晃→今宮と3連続四球になり押し出しで追加点。
更に、川瀬にセンター前2点タイムリー、三森にもライト線タイムリー2ベースで計5得点で、先発小島は、ここでマウンドから降りることになりました。

更に、9回にも満塁の場面で甲斐からの代打柳町がこの試合3つ目の押し出し四球で1点を追加し、二桁得点に到達しました。

継投は7回又吉、8回藤井がそれぞれ三者凡退。9回は椎野と谷川原のバッテリーになり、1アウトから連続四球になりますが、何とか連勝で千葉での最終戦を制しました。

結果的の勝ちパターンの投手も連投を回避できたので、気持ちよく大阪への移動日になります。明後日も勝って、連勝が続いてくれることを願います。


よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村