延長に入る前の9回裏の場面、三森の懸命のプレー。
担架に運ばれて、チーム内にも気持ちが振るいあがったはずです。

それを象徴するかのように、2アウト2塁からの周東→川瀬→柳田の三者連続タイムリーで3得点で、チーム内もこれで安心できると言う少しの気のゆるみが出ましたね。

津森と嶺井にバッテリーを変えましたが、正直、ここで甲斐野になぜしなかったのがひっかかりました。
その予感が、的中したかのように代打角中にヒット、荻野にも内野安打されて球場内の雰囲気が再び動きました。
レギュラーシーズンではHR一本だけだった藤岡に初球を打たれてしまいライトスタンドへの同点3ラン。これが、何点取っても油断はしていけないという象徴的な場面になりました。
無論、今季で場内アナウンスの仕事が最後になる谷保さんの為にも、日本シリーズのプレゼントを届けたい思いも込められたと思います。

代わった大津は、2アウトまでこぎつけますが、最後は連打されて勝負ありでした。

ホークスのポストシーズンも含め、今季は終わりましたけど、仮に大阪に行ったとしても、三森の怪我も考えると、きつかったでしょう。周東も万全な状態でない中での試合でした。更に栗原・牧原、モイネロなど主力の怪我にも泣かされました。

後は、試合中での一瞬の判断不足が多すぎました。


それでも、個人的な思い出も含まれますが、鷹の祭典の今季最後の試合でサヨナラを取ってないと、Aクラスも危うかったでしょう。

早くも来シーズンに向けて、コーチ陣に動きがありました。
見てる人を満足させる試合が多くみられることを、来シーズン願っています。

また、次のドラフトでは、いい選手を取ってくれることを期待してます。
ひとまず、ありがとうございました。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村