今日も流れを引き戻すフラグを作りましたね。

8回表湯浅の無失点好投からの裏の攻撃、先頭木浪の内野安打が相手の悪送球を誘って、カメラマン席にボールが転がって2塁へ進塁。

続く代打糸原がレフト前ヒットで1・3塁とチャンスメイク。
ここから、1番に戻り近本が一二塁間へのタイムリーでまず1点を返します。

中野がバントで2・3塁に進塁させて、オリックスはたまらず2番手山崎(颯)から宇田川へ継投。しかし宇田川は、4連投の疲れは隠せずフォークの球威が落ちた所を狙われましたね。

森下がフォークを上手く左中間方向へ打ち返し逆転2点タイムリー3ベース。更に大山もセンター前タイムリーで続き、無念の交代となりました。

阪神の勢いは止まらず、ノイジー四球で出塁後、2アウト1・2塁から坂本が外野の前進守備を抜けていくライトオーバーの2点タイムリー3ベースで計6点を入れてひっくり返しました。

最後は、岩崎がきっちり3人で抑え、甲子園最後の試合を白星で飾り先に大手をかけました。
これで、考え方によっては、どちらかで1勝をすれば日本一になる訳なので気持ち的にも余裕は出るはずです。後は、山本由伸が意地を見せるかどうかになる6戦目になります。

ソフトバンク目線としては、大竹の粘投が報われて良かったです。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村