初回、先にソロHRで先制された後の裏の攻撃。
1アウト1・3塁の場面、山川の打球はレフトがキャッチできるかと思いましたが、グラブの上を抜けていっての同点タイムリー。

犠牲フライでも良かったのですが、久々のヒットは気持ち的にも落ち着いたでしょう。

2回に牧原のタイムリーと周東の犠牲フライで2点リードを奪いますが、先発大関は途中から土を入れた、土のマウンドで投げづらかったでしょう。

5回までは投げ切れなかったものの、相手にリードを許さずに4回3失点。
こういう試合もあるという事を切り替えて欲しいですね。
5回表から継投に入り、5回は又吉、6回杉山、7回津森が無失点とつないで、7回裏の攻撃に好機が出ます。

先頭甲斐が、ボテボテの当たりながら内野安打で出塁。続く牧原が犠打で2塁へ進塁。
周東がレフト前ヒットで繋ぎ、続く今宮がライト前に打球を落とし、まずは1点勝ち越し、悪送球で2・3塁になり。柳田が凡退し2アウトとなります。

続く山川が粘りながら気持ちで、レフト前に打球を落としての2点タイムリー。
ようやくチャンスで点を取れたのは大きかったです。

その後は、8回は松本が三者凡退。
9回は、オスナがヒットと四球で2アウト1・2塁のピンチを作りますが、最後はセンターフライで試合終了。北九州の試合なので、打球が上がった時はヒヤッとしました。

これで、1ゲーム差での首位での所沢の移動。HRも魅力ですが、チャンスで点を取れるかだと思います。後は、今日ヒットが出なかった6・7番がアピールしたいところです。

東浜君は、一発にはもちろん警戒して抑えて欲しいです。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村