モイネロと隅田の両先発の投げ合いでしたが、初回から周東がヒットで出塁し、柳田のところで盗塁を決めて、そこから柳田がレフト線への技ありの先制タイムリー2ベース。

モイネロは2回ヒットで出塁した先頭ランナーを自らのフィールディングでダブルプレー。
これで、モイネロ自身もペース良く投げられたと思います。

3回表のチャンスは生かせなかったものの、隅田は球数を要していき、試合が大きく動いたのは5回表でした。
この日、三本目となる周東の内野安打は隅田との足での競争になり、先にベースを踏んだことが相手にとっては精神的に応えたと思います。
周東の三安打目となる内野安打


2回目の満塁のチャンスを、近藤が生かし、一二塁間への2点タイムリー。これで、ほぼ勝負がつきました。

6回から相手は継投に入り、6回表の山川一本目の満塁ホームランだけでも圧巻でしたが、まさか8回にも2打席連続満塁ホームランが出るとは思いませんでした。

山川自身も二本目のポーズは控えめでしたけど、見てる方も申し訳ない気持ちです。

モイネロは8回まで投げて、99球7奪三振1四球無失点。見事な内容でした。
9回は、リリーフを託し、村田賢一が登板。アギラーに2ランを打たれて勉強代になりましたが、結果的に今季初の二桁得点の大量リード11点が生きました。

これで、明日の大津も気持ちが楽になるでしょう。投げ合いになると思いますが、しっかりと抑えてくれることを期待します。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村