試合の勝敗を決定づけた場面。2アウトから、なかなか当たりがなかった栗原がセンター前ヒットで出塁。
追加点の足掛かりとなった栗原のヒット

続く海野は、前の打席で2ベースを打ってた為に相手先発高橋も焦りだしましたね。

フルカウントから四球で、1・2塁とチャンスを広げ、この地点でちょうど100球目でした。
続く牧原の打席、詰まりながらもレフトの守備を抜けていき、タイムリー3ベースで2点を入れます。

更に周東も、ピッチャーのグラブをはじいての足で稼いだ内野安打タイムリーで更に1点を追加し、好投してた先発大津には大きな援護になりました。

3回に先制タイムリーの1点を貰ってた大津は、これで気が楽になり、7回まで投げました。
7回裏に、1アウトからアギラーにソロホームランで失点しましたが、それ以外は持ち味を発揮した内容でした。
7回97球と、次の登板も期待したいです。

この日は、誕生日だった松本(裕)でしたが、登板過多を考慮しお休み。
8回は、津森が登板し、三者凡退。9回はオスナが投げて、ヒットとフォアボールで1アウト1・2塁の同点のピンチを背負いましたが、後続を落ち着いて抑えて無失点。

1巡目のカードを、今季初の同一カード3連勝からの4連勝を決めました。
今日は栗原の土壇場でのマルチヒットは、見てる方にとっても嬉しいです。
更に打線がつながることを願います。
よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村