全体的に言うと、大関がテンポ良く抑えてくれたことで、試合時間も短くできましたね。これで、球数稼がれると、引き分けで終わっても疲れがかなり出たと思います。

投げた本人も、もらった2点を抑えられると良かったのですが、変化球が甘くなったところを突かれたもったいない2ランでした。

それでも7回87球で抑えたのは評価します。

後は、序盤で周東が出塁できると良かったです。
延長戦に入り、オスナを残しつつ10回で杉山を起用し、期待に応えて無失点に抑えた後の11回表、1アウト満塁から栗原のダブルプレー崩れと、中村晃のタイムリーで2点勝ち越した後に、オスナが抑えてくれると良かったのですが・・。

そこからの2アウトからの万波ヒットからのマルティネスの同点2ラン。もし、これで中村晃がタイムリー打ってなければ逆転負けにされてたので、何点取っても安心はできないと思ったシーンでした。

12回は、復帰したての藤井が直ぐに登板し、無失点。何とか引き分けに持ち込みました。
明日は、試合なく帰福となり、19日は今年の祭典の概要が発表されます。
野村勇にも、詰まりながらもヒットが出たのは良かったです。

日本ハムとは、次当たるのは5月6日からのホームでの3連戦。一発には気を付けて欲しいと思った、エスコンでの試合でした。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村