東浜が、2発含む4失点で苦しんでたところを良く、中軸がカバーしてくれました。

2点を先制した後、リードを守れるずに2−4で逆転されたところから、どうなるかと思いましたが、3回裏に近藤の2ランで直ぐに追いついて流れを戻したのは良かったですね。

東浜は、4回まで投げた所で84球と続投もしづらい場面でした。
4回裏は、更に攻撃を重ねて下位から始まる打順で3連打でノーアウト満塁とチャンスを作り、今宮のダブルプレー間にまず1点。続く柳田が四球で出塁の後の山川の打席。

ストレートを見事に仕留めて、今季初のヤフオクドームでの大きな3ランがレフトスタンドに飛び込みました。

これで、さっき苦しんでた相手先発山下を4回で降板させました。
東浜も、4回までとなり、5回以降はリリーフにたくしますが、5回又吉が1失点。6回は杉山が連続タイムリーで2失点し、1点差。
その裏、2アウト3塁となった場面。山川にレフト前のタイムリーヒットで2点差。
この5打点目が、中継ぎへの気持ちを楽にさせました。

7回は津森が3者凡退。8回は松本が1安打無失点。
9回のオスナは、1アウトからのヒットで一発同点となる場面、あわやホームランとなりそうな打球もありましたが、何とか抑えました。

引き分けもあったので5日ぶりの白星。明日は、モイネロ先発。前回対戦時は、2ランでの悔しい失点がありましたので、一発には注意して抑えてくれることを期待します。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村