4回裏の継投に入るまでの石川の内容はと言うと、初回すんなり3人でいけば良かったところを、2アウトからのフォアボールからの連打で2失点。

2回・3回も、ランナーを出しますが中村晃の好守でのホーム封殺などもあり、何とか無失点で抑えてました。

4回表に、柳田・山川の連打と相手のバッテリーミス間に1アウト2・3塁のところで久々のスタメンについてた中村晃にセンター前に落ちるタイムリーと、栗原の犠牲フライで同点に。

その裏、石川が立ち直ると良かったのですが、先頭にヒットを許し、更に盗塁と自らの暴投で3塁まで進んでしまい、タイムリーを打たれて再びリードを許します。

相手の犠打で1アウト2塁となったところで継投となりました。
ここで普段は、投手コーチがマウンド行くところを小久保監督が自ら出向き野手に何らかのアドバイスを送ったことが、選手にも何か期する事が出たのでしょう。

2番手で上がった長谷川は四球一つ出しますが、三振とサードゴロで最少失点に抑えた事で、次の回の反撃になりました。

5回表、先頭三森がライト前ヒットの後、周東はライトオーバーの2塁打で2・3塁とチャンスメイク。川瀬は凡退しますが、柳田のライトフェンス直撃の2点タイムリーと山川のレフト線へのタイムリー2塁打で計3点を入れて逆転します。

その裏は、杉山が登板し1四球しますが、無失点。

6回表は、甲斐が四球で出塁し2アウト1塁の場面で周東がライトへ鋭いライナーでスタンドまで運び、嬉しい今季第1号2ランが出ました。

4点差になり、その後の継投は6回裏はヘルナンデスが一時帰国後からの復帰登板で三者凡退に。
7回裏の藤井は、ヒット2本打たれながらも要所を抑えて無失点。
8回裏の松本は、ヒット1本打たれましたが、自らのフィールディングでダブルプレーに抑えて、3人で片づけます。
9回裏は、津森が登板。2アウトからヒットとデッドボールで、オスナが急きょ登板する事が頭によぎりましたが、レフトフライで勝利しました。

長谷川に4月29日以来の2勝目がつきました。
北海道で日本ハムがホームで大勝してただけに、ここで連敗はしなくて良かったです。

一日休んでのホームでの西武戦。カードの頭は先発陣がしっかり試合を作って欲しいところです。
よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村