モイネロにとっては、初めてのカードの頭の試合での先発で多少緊張してたかもしれません。
球数を要しましたけど、6回まで無失点に抑えてくれました。

モイネロに早く援護するべく、2回1アウトから近藤のライトフェンス直撃の3ベースでチャンスを作り、中村晃がショートのグラブの先を抜けていく渋いタイムリーヒットで先制点。
栗原がヒットで繋ぎ、甲斐が三振後、三森が四球を選び満塁に。

このチャンスを周東がライト前2点タイムリーヒットで加点し、計3得点と主導権を握ります。
この日は、3回裏に山川のレフトのテラス席へ入る10号到達のソロホームラン。

5回裏には、近藤にも久々のソロホームランがライトのテラス席まで運び、ツキ離します。

モイネロは、7回にソロホームランで失点したものの、126球と粘投し、7回まで投げ切りました。
その裏には、2アウト1・2塁から栗原にもタイムリーが生まれて、再び5点差に広げました。

8回表の継投で、藤井がタイムリーを許し、久々の失点をしたものの2アウト1・3塁のピンチを空振り三振に抑え最少失点で抑えました。

4点差の9回表は、ヘルナンデスが登板。オスナがもしもの時の為の、仮想セーブシチュエーションの意図があったかもしれません。
三振一つを含む、三者凡退で抑えてモイネロに久々の白星がつきました。

モイネロは、次の千葉での先発も任せられると思います。今日の課題を次に生かし、海風対策をしっかりして次回の好投も期待します。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村