今日の先発大津に関しては、2回の連打からの2ラン以外は球数少なく抑えてくれました。
7イニング目まで行くかと思いましたが、6イニング87球での交代は、次の登板へ向けて疲労度を抑えるための判断だったと思います。

その傍らで、キャッチャー海野のベンチを恐れない好守備も光りました。

7回から継投に入り、津森がヒット一本打たれながらも無失点。
8回は長谷川が登板。2アウトから四球とヒット1本与えましたけど、後続を断ちピンチを脱しました。

そこからの8回裏の攻撃でした。
先頭柳田が、ヒットで出塁し。続く山川は三振で倒れましたが、近藤の打席。
相手先発、渡邉(勇)の荒れ球になかなか捉えきれない惜しい打球が2打席がありましたが、今度は3番手投手松本航の初球を見事に真芯で捉えました。

球場がピンクに染まる、ライトスタンドへ飛び込む2試合連続となる逆転2ランでひっくり返しました。

9回はオスナがしっかり準備して登板。1アウトからヒットと盗塁で2アウト2塁の一打でも同点のピンチになりましたが、最後はライトの柳田の好守に助けられて連勝を3に伸ばしました。

この日は、打線がなかなかつながらなかったのですが、ビハインドの中、大津と海野のバッテリーがしっかりゲームを作ってくれたのは良かったです。

明日は、大関がしっかり抑えてくれることを期待します。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村