移動日なしの大阪での主催試合。移動疲れの心配もなく、序盤で先制しました。
初回の攻撃に関しては、1アウトから今宮のヒットから、相手先発荘司は動揺してたようです。
柳田もヒットで繋ぎ、山川の打席。山川本人は、しっかりスイングして最低限でも外野フライの犠打で1点入れる大らかな気持ちが功を奏したのでしょう。
真ん中低めのストレートが、真芯を捉え、気づけば京セラドームの最上段席に飛び込む先制3ランとなりました。

これで、攻撃の手は緩まず、近藤はフォアボール、続く栗原がライトフェンス直撃の2ベースで2・3塁に。中村晃が四球を選び満塁となったところで荘司は早々と交代となりました。

このチャンスを、海野がセンター返しの2点タイムリーで計5得点と、先発和田さんに最高の援護となりました。
打線は2回裏も繋ぎ、1アウトから柳田ヒットの後、山川が2打席連続となる2ランで追加点。
近藤は凡退しますが、栗原四球の後、中村晃がサードへのボテボテの内野安打で繋ぎ、海野も粘り四球で満塁に。これを、三森がライトへの2点タイムリーで更に突き放しました。

更に4回裏には、1アウトから近藤の2塁打から栗原がライトへのタイムリーヒットで連日の二桁得点となりました。

大量リードを貰った和田さんは、7回まで好投。2つのダブルプレーでうまく打たせて取る場面もあり、被安打3奪三振4の無失点。四球を出さないところは流石でした。

8回は津森が登板し、三者凡退。その裏、相手の2四死球から近藤がレフトヘのタイムリー2ベースで2点をダメ押し。
9回は長谷川が登板。こちらはヒット1本打たれましたが、後続を抑え無失点で連日の完封リレーとなりました。

20年前の白のキセキで登板した和田さんが、20年の時を経ての好投は正に奇跡そのものです。体が続く限りは、白星を積み重ねていって欲しいです。

一日休んで明後日からは千葉での試合。しっかり準備して、次も投打がかみ合う事を願います。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村