相手先発の山崎(伊)の前に、なかなかチャンスが作れない中で5回表の栗原の先制ソロはお見事でした。

この日の先発、有原が惜しい当たりでフライアウトでしたが、攻略の糸口に見えました。一瞬の失投を見逃さない一振りでした。

6回にも満塁のチャンスがありましたけど、この日、初スタメンの廣瀬。サードへの惜しい当たりでスライディングも実らず得点にはなりませんでしたが、次は良い結果になることを期待したいです。

その裏が、ノーアウト1・3塁の一打同点の大ピンチでしたが、有原がここを良く踏ん張ってくれましたね。内野の守りも固く無失点。
有原本人は、6回でお役御免となり、続投したかった悔しい思いはありましたけど、次回投げるであろう名古屋で晴らして欲しいです。
その直後の7回表に1アウトから代打柳町と周東のヒットから今宮が四球で繋ぎ、満塁に。柳田が最低限の内野ゴロの間に1点を入れました。

7回は、投手ヘルナンデスと打者ヘルナンデスの対決が実現。投げるヘルナンデスは、先頭に四球を与えたものの、三者連続三振で抑えます。

8回は、松本が中1日置いて登板。今度の好守もあり三者凡退に。

9回はオスナが中9日置いての登板。先頭岡本に四球を出しますが、後続をダブルプレーで打ち取り結果3人で抑えて、千葉での嫌な流れを断ち切りました。

試合開始前に2位にいる日本ハムが甲子園での試合が中止だっただけに、勝ってゲーム差を広げられたのは良かったです。

明日の大関も、まず好投して攻撃のリズムを作りたいところです。
王会長の巨人時代のユニフォームを持って笑顔の栗原



よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村