柳田の全治期間が改めて判明して、今日の勝利は正にこの言葉が似合う試合でした。

支配下再登録された、佐藤直樹が1番即スタメン。一打席目は惜しかったものの、二打席目は相手のエラーを誘い、2塁に進塁。これを今宮が、ライト線へのタイムリーで先制。

栗原は凡退しますが、山川三振の後、今宮の盗塁が悪送球になり3塁まで進塁。
再び得たチャンスを近藤が生かし、レフト前タイムリーでこの回2得点。
先発大津に大きなプレゼントとなりました。

その佐藤は4回裏に柳町に続いての連打でライト前ヒットが復帰後初ヒットとなりました。
やはりヒットを打ったことで守備にも反映されて、5回表のセンター方向への当たりを地面スレスレでグラブキャッチ。
再昇格スタメン後、好守備の佐藤直樹

この後、大津がヒットを打たれたことを考えると、ランナーが溜まってただけに大きなプレイになりました。

大津は、6回の2アウト2・3塁のピンチも何とか投げ切り、7回も続投。
先頭にヒットを打たれたものの、ゴロで打たせて取る投球で、後続をショートゴロダブルプレー。自己最多の110球無失点と、しっかりとゲームを作りました。

8回はヘルナンデスが、2四死球出しますが、3三振で打ち取り無失点。
9回はオスナが連投。三者凡退で打ち取り、3カードぶりの勝ち越しを連勝で取りました。

佐藤の再登録は、途中から守備に就いて川村・今日出番がなかった周東も含め、外野手のスタメン争いは切磋琢磨していって欲しいです。

明日は、和田さんを早めに援護して、次のビジター6連戦に弾みを付けたいところです。

追記:きんに君と真礼さんのダブルパワーの応援も届いて良かったです。
よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村