今日は、やはり3回の3連続タイムリーからの4得点で主導権を握れたのが大きかったです。

2日表に先制。3回表、山川が三振の後、2アウト1・3塁から近藤の2点タイムリーから勢いに乗り、そこから柳町と廣瀬が連続タイムリー。

廣瀬は1打席にもヒットを打ってたので、初タイムリーだけでなくプロ初のマルチ安打にもなりました。
大関は、5回73球無失点のところ、この日はお役御免。先週の東京ドームでの登板の疲労度も考えての5回までの投球だったのでしょう。

6回津森、7回藤井は互いに四球一つ出しますが無失点。8回は又吉が連投という事もあったのか、タイムリーを打たれて1失点。それでも、何とか後続を抑えました。

9回はセーブがつかない場面で、前回同点3ランを打たれたヘルナンデスが登板。
日曜日の悔しい結果を取り返す形で三者凡退に抑えて、2カード連続勝ち越しと共に5連勝に伸ばしました。

明日の東浜は、味方のミスから崩れて、もらった得点を守れなかったので、悔しさを晴らして欲しいところです。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村