継投の誤算としては、東浜が3回で負傷し投げ切ったもの、4回以降はリリーフに託したのが痛かったですね。
4回以降久々に登板した、石川がビシエドに先制ソロを打たれたのが、結果的にこれが決勝点となりました。

打線も、チャンスは作ろうとするものの、6回のダブルプレーが最も響きました。
ここで、打線が繋がると流れも変わってたと思います。

8回裏に登板した、長谷川が2点タイムリー打たれてしまったのが決定打となりました。

連勝は、止まって、切り替えての横浜へ。

かつて同じチームだった森がモイネロと投げ合い予定。
数年前なら想像できなかった組み合わせ、楽しみと不安が入り混じる試合になりそうです。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村