情けは無用とは、書いたものの、2回表2本のヒットでチャンスを作った場面での甲斐の3ランは感慨深いものでした。元々、森のコントロールを長く見ていたから、体をうまく回転させた技ありの一発でした。
バントでチャンスを、広げられなかった意味でも良かったです。

打線は、3回表にもチャンスを作り、久々のスタメン周東のヒットを皮切りに、盗塁を決めてから、栗原が右中間へのタイムリー2塁打で追加点。
更に、柳町にもセンター前タイムリーで5点目を入れて、相手先発森をここでマウンドから降ろしました。
打線は、4回表にも、モイネロの来日初ヒットから周東の2打席連続ヒットと四球で満塁とし、山川が四球を選び押し出し。2アウト後、柳町にもレフトへの2点タイムリーで、この回3点を入れました。

その後、6回表にも、近藤のライトへの2点タイムリーで二けた得点に到達です。

モイネロは力投し、8回まで投げました。4回のソロホームランの失点のみで抑える見事な結果に。継投を、9回の藤井のみにとどめたのは、明日の継投も余裕が出てくるでしょう。

明日のスチュワートがどうなるか未知数ですが、球数少なく抑えてくれることを願います。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村