先発有原は、4回の先頭3塁打を打たれてから2アウト満塁迄はこぎつけますが、2点タイムリーを打たれてしまい我慢の展開が続きました。

打線の方も、4回裏から3イニング続けてダブルプレーになり重い雰囲気が漂いました。

7回表にも踏ん張りどころが来て、2アウト1・2塁の場面。
7回のピンチをしのぐ有原

ここを空振り三振に抑えた事が、チームと球場全体が反撃ムードを高める土台ができたと思います。
7回裏、今宮がセンター前にヒットし、続く栗原が一二塁間へ抜けるヒットで1・2塁に。
山川のタイムリーで、まず1点

続く山川が、初球打ちでセンター返しのタイムリー、ようやく1点が入りました。
続く近藤も、初球打ちで一二塁間へのタイムリーで同点とします。

柳町のところで、2塁にいた山川に代走緒方で勝負に出て、犠打を決めて2・3塁に。

続く中村晃が、気持ちでセンターへ打ち返し2点タイムリーで逆転。久々にチャンスを物にしました。
中村晃が作ったチャンスをしっかりものにする逆転2点タイムリー

有原は、ここでお役御免となり、8回は松本が登板。三者凡退できっちり抑えます。

続く9回はオスナが登板。ヒット1本打たれながらも要所を抑えて、カードの頭を物にしました。

本当に7回裏のチャンスを見事に物にした試合でした。明日は、大津がこの勢いに乗ってカードの勝ち越しを決める投球を期待します。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村