まず、試合展開としては相手は外国人投手のビーズリーが先発という事もあり、足で揺さぶりをかければ何かあるという思いで見てました。

東浜が、初回を無失点で抑えた後の攻撃。

周東がセンター前ヒット後、盗塁を決め今宮が四球で出塁。栗原が犠打で送り、山川は凡退しましたが、近藤がストレートを捉えライナーでレフトのテラス席への3ランで先制に成功します。

その後、東浜は5回までヒットや四球は出すものの粘り強い投球で無失点に抑えます。
その裏、まさか、こんなに早く一発が出るとは予想しませんでした。
先頭、笹川が高めに浮いた球を見事に振り抜き物凄い打球速度でライトスタンドに吸い込まれました。しっくり振り抜いて真芯に当たれば、飛んでいくことを証明した驚愕のプロ初HRでした。

ワンアウト後、周東は四球で出塁。今宮がライト前ヒットでしたが、ライトがボール処理が誤ったのを見逃さず、周東は一気にホームイン。結果的に、この5点目でビーズリーをマウンドから降ろしました。
続く栗原は、ライトフライでしたが、今宮2塁からタッチアップで3塁に進塁。

続く山川はレフトへのタイムリーは久々の打点で、この回3得点となります。

先発東浜は、2本のヒットで1アウト2・3塁の場面で、相手のゴロの間に1失点しましたが、最低限の役目を果たしてくれました。

この日は、松本がベンチ外。オスナは連投の為、継投に不安な面がありましたが、7回杉山が先頭四球の後、後続を抑えて無失点。

8回は、長谷川がヒットと四球で2アウト1・2塁の場面でタイムリーを打たれて失点しましたが、津森が相手の反撃を断ち切ります。

9回は、ヘルナンデスが登板。いきなりデッドボールを与え、更にヒットを打たれて、嫌な場面になりましたが、後続を落ち着いて抑えて無失点。
しっかりと中盤の得点を守り切り、このカードの勝ち越しを決めました。

昼間の仙台の結果により、交流戦の優勝争いは楽天と順位が並びました。
明日は、結果が同じの場合は得失点差の条件が絡むことになりますけど、明日も勝って、気持ちよく休んでほしいところです。

石川が行ける所まで抑えてくれることを願います。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村