中盤までは、加藤とモイネロの我慢比べに見えましたが、均衡を破ったのは栗原の一発でした。

4回表の先頭で、初球の変化球にうまく反応しライトスタンドへの一発。

モイネロに取っても、粘りの投球になったでしょう。

更に、6回表にも1アウトから近藤のヒットを足掛かりに、正木がセンターオーバーのタイムリー二塁打で連日の打点をあげました。

モイネロは、序盤から四球を出す苦しい投球でしたが、何とか6回100球で持ちこたえました。5回の1アウト1・2塁の場面でライトフライから2塁ランナーを飛び出してたと頃をアウトにできたのが大きかったです。
7回から継投に入り、まずヘルナンデスが先頭にヒットを許しながらも後続を2三振で抑え無失点。
8回・9回の追加点が、展開を楽にさせました。

8回は先頭山川の四球を足掛かりに、近藤・廣瀬・周東にタイムリーが生まれ5本のヒットなどを絡ませて5得点。
その裏は、杉山が、ヒット打たれながらもダブルプレーで打ち取り、3人で抑えます。

9回は、1アウトから川村のヒットを足掛かりに、甲斐のレフトへのタイムリー2塁打、途中から出場した野村勇・中村晃にも連続タイムリーが生まれて、合計3得点でこの試合二桁得点に。

10点差でしたが、中6日登板間隔を開けすぎない為にオスナが登板。
2ランを含む・3塁打からの犠牲フライで3点を失いましたが、逃げ切り。
先週に続いて、一発を打たれたのは次回登板に向けての課題になります。

何はともあれ、6月最後の試合を久々の同一カード3連勝で締めました。
移動日を挟んで明後日は東京での試合。今宮が無事に回復してくれることを願います。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村