131打席ぶりの一発は、ひょっとするとこの日かと思いましたが、まさかそうなるのには驚きました。

その前に試合を振り返ると、先発有原はヒットを打たれながらも要所を粘り強く抑えていきました。一方向こうはブルペンデーの継投だったようで、先発から点を取れたのは良かったです。2つの四死球から、今宮が犠打で送り2・3塁に。

続く栗原の打席は、栗原の頭上に行くあわや危険球でした。栗原は何とかよけて、ボールは逸れて3塁ランナーが生還。2塁ランナーも3塁へ。仕切り直しとなり、栗原はライト線への2ベースでさらに1点を追加しました。
6回裏は、1アウトからの山川の打席は初球を見事に捉えました。結果的にこの一発が大きな得点となりました。

有原本人は、完封で抑えたかったでしょう。西川に2ランを打たれましたが、何とか1点のリードを保って最低限の役割を果たしました。

8回は、松本が1アウトから連打されましたが、そこから粘り強く投げて無失点に。
1点差での9回オスナはどうなるかと思いましたが、3者凡退できっちり抑えました。

5年ぶりの東京ドームでの勝利、連勝も4に伸ばしての気持ちよく帰福です。

ここからホームでの4連戦、自分は日曜日に現地に行きますが、冷静に試合を見守ろうと思います。それは、また後日に。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村