鹿児島の試合が雨で中止になって、ようやく待ちに待った現地観戦でした。五回までは、ノーヒットが続いてましたが、六回から栗原と近藤が繋いだチャンスの場面。彼は背番号7だけに、ここから奇跡が起きるとは思いませんでした。タイムリーで繋いでようやく一点を返します。 

この時は、2回のノーヒットからの進塁打を経ての犠牲フライの得点が無駄にならなくて良かったです。

4回の集中打で2失点、6回も連打からの犠牲フライで失点したモイネロでしたが、直後に1点返してくれたことで、気持ちを切り替えて7回まで続投し、良く踏ん張って投げ切ってくれました。
8回に関しては、今宮のヒットから栗原は何とか犠打を決めて、山川凡退のあと近藤は敬遠ぎみで歩かされ、再び中村に。
近藤の代走緒方が盗塁を決めて2・3塁になり、試合を決めるのかと一瞬思いましたが、フォアを選び満塁になります。

ここから、代打柳町がライト線にしぶとく打球を飛ばす、走者一掃の逆転タイムリースリーベースになった時は現地に行った自分も飛びあがって喜びました。

現地で行った時は、よく分からなかったですが本当にいい方向に打球が転がって行きましたね。

この2点差を、松本がオスナの大役をきっちり三人で抑えて連敗を3で止めた試合でした。
改めて、中村晃から始まった奇跡の試合。最後はファンの思いが実り、柳町が決めてくれて本当にうれしかったです。また、思い出の一つとなった試合となりました。
現地からの中村晃・柳町2ショット。

チーム的にも、火曜日からのロード5試合を考えると、ここで勝って気持ちよく移動準備できるのは良かったです。大阪での有原が、勢いを繋げてくれることを期待します。

よろしければ、反応していただけると幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村