初回は互いに無得点で、静かな立ち上がりでしたが、2回に均衡が破れました。
2回表の先頭バレンティングが態勢崩されながらも、片手でバットを振りぬいてライナーでレフトスタンドへ。待望の今季第1号ソロで先制。
バレンティン態勢崩されながらも今季第1号

さらに、4回にも今度は初球を完ぺきにとらえて2打席連続。
同年代でもあり同郷でもあるバンデンハークを援護します。

さらに、6回には今度はバレンティンとヤクルト時代チームメイトだった川島にも今季第1号ソロが飛び出し。3点差。
川島も今季第1号

こちらも、ど真ん中の球をしっかり振りぬきました。



続きを読む